記事一覧

お久しぶりです。

皆様、お元気ですか?こんないい季節なのに、風邪をひいてしまっています。
喉が異様に痛い。。。御飯が美味しくない。。。もうバナナ以外食べれない(´・_・`)
どっかに仲間いないかなぁ。。。

さてさて、とうとう、←どんだけw
共著本が出ます!買ってくださいお願いしますm(__)m

天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった: 一次史料が伝える“通説を根底から覆す"真実とは 単行本 . 河出書房新社 – 2018/4/25
乃至政彦 (著), 高橋陽介 (著)


乃至政彦氏、家長殿こと、高橋陽介。全く違うタイプの二人が書いた本でございます。同じだとつまらんですわい(*≧∪≦)
関ヶ原の戦いとはなんぞや?!そんな疑問にお答えできる一冊になっております。多分|д゚)チラッ←よくわかってないw
アマゾンでも予約受付中です。あと全国の書店でも予約受付中です。
家長殿の地元、浜松のアマノ書店全店でも販売予定でございます。良ければご予約お待ちしています(´ω`人)
本の題が、インパクト大ですね!←私は気に入っているw
関ヶ原の戦いに興味のない方にもぜひ読んでいただきたい一冊になっております。
是非是非お買い求めいただけると嬉しいです。書店に勤めてるんですが、
本てこうやって作っていくんだってのがまじかに見れて感動です。
そして、初めての印税とやらもたのしみです(*´∀`人 ♪←1番はこれw
自費出版はなかなかつらい日々でした、赤字続きだったし、家長殿との戦の数々。。。(`・ω・´)
初めて、黒字になるのね(*´∀`人 ♪目指せ歴史ランキング1位から10位以内|ω・`)
https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A9%E4%B8%8B%E5%88%86%E3%81%91%E7%9B%AE%E3%81%AE%E9%96%A2%E3%83%B6%E5%8E%9F%E3%81%AE%E5%90%88%E6%88%A6%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F-%E4%B8%80%E6%AC%A1%E5%8F%B2%E6%96%99%E3%81%8C%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%82%8B%E2%80%9C%E9%80%9A%E8%AA%AC%E3%82%92%E6%A0%B9%E5%BA%95%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%86%E3%81%99-%E7%9C%9F%E5%AE%9F%E3%81%A8%E3%81%AF-%E4%B9%83%E8%87%B3%E6%94%BF%E5%BD%A6/dp/4309248608/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1523502915&sr=1-1

ここポッチとしてみてくださいませ。














スポンサーサイト

コメント

書影も出来て安堵しています!

まことにお疲れさまでした。

編集者がこんなに苦労する本は初めてでした。わたしも急に体調が悪くなったので。でも、男色本で急に下半身の病気、陣形本で緊急入院するしたことに比べれば、予定通り行けてよかったです。
個人的には、奥さまの願いをひとつかなえられて、念願の本懐を遂げました。うちの女房が、「高橋さんのために営業をしなさい」「本の内容はちゃんと共著者のためになるものにしなさい。伊東先生のときそうして貰ったでしょ!」と日々叱咤(それでいて原稿は一文字も読まず)してきたので、プレッシャーも大きかったです。
世評については、我々でコントロールするわけにいかないので、読者の皆さまの受け止め方に従いましょう。「皆さんの参考になれば嬉しいです」というスタンスの本なので、役立てられる人とそうでない方がおられるかもしれません。自分たちの言うことに同意が集まることよりも、これで世論が動くことこそが何よりの幸せだと思います。
今回、嬉しいのは値段です。
「税別価格:関ヶ原」が唱えられるなんて、先例がありませんよ。このフレーズ、ポップなどで使ってもらいましょう!!

乃至様へ。ありがとうございます。

乃至様

コメントありがとうございます。
共著では色々とお世話になりました。
御礼申しあげます。

私から見ますと、乃至さんはとても文才に優れ羨ましい限りです。
乃至さんの書いた小説を読んでみたくなります。
奥様にもよろしくお伝えくださいませ。

編集者の方々には大変ご苦労をお掛けし、裏方に徹する姿勢に感銘を受けました。
本当にありがとうございました。今後も宜しくお願いしたします。

そして、この本がめちゃめちゃ売れることを祈ります。
本当にありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント